免疫力を高める

免疫力を高める!医食農同源とナウシカ

今日のひとこと

人間は自然の一部

食養では仏典に出てくる「身土不二(しんどふに)」という言葉に新解釈を与え、

「身体(身)と環境(土)とは不可分(不二)である」という意味で「身土不二(しんどふじ)

と言う見方をする。

つまり、人間の身体と生まれ育った土地は分かちがたいもので、郷土で育った作物を日々食べることで、心身ともに健やかになるという考え方。

TAO塾では、医食同源を一歩進めて「医食農同源」をコンセプトに、クスリに頼らない医・食・農の実現を志している。

農が誤てば、食が歪み、食が乱れれば身体が病む。人の健康は、食を媒介に土や種の状態、そして空気や水を含めた地球環境の問題と深くリンクしている。

医と農の関連も、人は腸の絨毛から、そして植物は根の毛根から栄養を吸収することや、腸内細菌土壌細菌が医と農それぞれにとって重要な役割を担うなど相互に共通点が多いことは非常に興味深い。

英語のコトワザにYou are what you eat(あなたはあなたが食べたもの)と言うのがあるが、人間は食べ物のオバケであると言う自覚、そして

その食べ物は土(地球)によって作られていると言う。私たち人間の故郷は「食べもの」であり、「土(地球)なのだ。

腸内細菌・土壌細菌の役割とは? 今回のコロナウイルスは何を私たちに呼びかけているのだろう。

生命・食物・大地を司る医・食・農を三位一体で観る視点が問われている!

TAO塾文庫には、医食農同源を学ぶ本、資料、DVD・・・中には漫画などもおいてある。

風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」・・・「もやしもん」に学ぶことも多い。

※お知らせ 3月27日(金)熊本TAO塾2020無料説明会はこちらをクリック!

《宮崎駿「風の谷のナウシカ」の言葉》

  • 腐海の木々は、人間が汚したこの世界をきれいにするために生まれてきたの
  • きれいな水と土では 腐海の木々も毒を出さないと分かったの汚れているのは土なんです
  • 湖も川も人間が毒水にしてしまったのを腐海の木々がきれいにしてくれてるのよ
  • 闇は私の中にもあります。この森が私の内なる森なら、あの砂漠も私のものだとしたら このもの私の一部です
  • みんなに言って 腐海の生まれたわけを蟲は世界を守ってるって!
  • 食べるも食べられるもこの世界では同じこと 森全体がひとつの生命だから…
  • 多すぎる火は、何も生みやせん。火は森を一日で灰にする。水と風は100年かけて森を育てるんじゃ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です